タグ:バイク用品 ( 7 ) タグの人気記事

Vespa LX125 3VにPrimavera / Sprint用ハンドルカバーを装着!これで冬を乗り切れる!

去年の冬は手の冷たさに耐え切れず乗れない時期があったので
今年の冬はハンドルカバーを装着して一年中乗り続けるぞ!
と、先々月のLX125 3V一年点検の時に装着しようと思ってたんだけど
店頭に実機が無く、そもそも本来Primavera / Sprint用なのでLXに装着出来るかどうか不明…
という事で一旦白紙に戻ってたハンドルカバー装着計画。
b0296505_3183697.jpg
汎用品のハンドルカバーもある(それに安い)けど、どうせだったらベスパのエンブレムがキラリと輝く純正品が良い。
とは思いつつも日に日に気温は下がっていく。仕方なく汎用品の中から合いそうなモノを…
と渋々パーツショップを廻って探していたらショップから連絡が来た。
店頭に実機が届いてLX125 3Vへの装着も可能!
との事だったので早速注文&装着。
20141230_01_Piaggio Vespa LX125 3V with handle cover
う~ん、ベスパエンブレム(ちなみに左側のみ)の輝きがたまらん。やっぱり純正にして良かった!
外側は上下が水を弾くターポリン系で、ぐるりと回る側面はネオプレーン素材。
上下に2本あるパイピング部分と開口部のステッチは反射素材なので夜間の被視認性も向上。
内側はモコモコに起毛されてるので手触りが優しく、信号待ちなどでは無駄にワサワサと触ってしまう。
ユニクロのヒートテックみないに摩擦で発熱する素材のグローブと合わせると凄く温かい。

試しに片方だけ装着して温かさがどれだけ違うかテストしてみたけど
【ハンドルカバーなし+防風素材のアウターグローブ+ヒートテックのインナーグローブ】と
【ハンドルカバーあり+素手】という比較で、後者の方が温かいというまさかの結果。
しかも走れば走るほどその差は増すばかり。いや~ハンドルカバーは偉大だ。
20141230_02_Piaggio Vespa LX125 3V with handle cover
グローブを重ねずに済むようになったのでアクセルワークやブレーキングもし易くなった。
最初はヘッドランプのハイ/ロー切替やウィンカーが操作し辛かったけどコレはその内慣れます。
Primavera / Sprintオーナーは勿論LX125 / 150 3Vオーナーは装着してみる事をオススメします!
(その他のモデルに装着出来るかどうかは各ショップへお問い合わせを)


話は変わって今日はベスパの乗り納め&2014年最後の給油。走行距離は3750kmを突破。
ベスパに今年最後の給油。3750kmで乗り納め。
前回書いた以降の燃費はこんな感じ。
●2014/10月 給油14回目 走行距離2756.0km 給油6.58L 燃費38.9km/L
●2014/11月 給油15回目 走行距離3001.8km 給油6.10L 燃費40.3km/L(一年点検でオイル交換後)
●2014/11月 給油16回目 走行距離3251.7km 給油6.17L 燃費40.5km/L
●2014/12月 給油17回目 走行距離3500.7km 給油6.48L 燃費38.4km/L
●2014/12月 給油18回目 走行距離3751.4km 給油6.64L 燃費37.8km/L
一年点検で各部を整備をしてもらった後に燃費がUPしたのには驚いた(その後元通りになったけど)。
ちなみに購入以来全て昭和シェルのハイオクを入れてる。昔バイトをしていたよしみだ。

ショートスクリーンにトップボックス、そしてハンドルカバー。これぞスクーター!ってシルエットになってきたw
白いボディに黒いシート、フロアマット、タイヤ、そしてハンドルカバー。このコントラストが良いね。
残るはトップボックス用のバックレストだけど……タンデムする人も居ないしなぁ…
20141230_03_Piaggio Vespa LX125 3V with handle cover
写真ブログの方と違ってコッチの更新頻度はかなり低いけど
今後もベスパライフをゆっくりまったり記していきます。
それでは皆様、良いお年を。



■My Photo Galleryflickr

車・バイク  写真・カメラ
[PR]
by foxmoto | 2014-12-30 20:00 | ●購入記録

ベスパ危機一髪!雪の重みで自作ガレージが半壊!

いやぁ~ビビった。先週と今週、二週続けて全国的に記録的な大雪が降りましたね。
先週のサラサラした軽い雪では問題なかったベスパ用の自作ガレージが
今週のベチャベチャした重い雪では重みを支え切れなくなって
屋根を支えてたパイプがぐしゃりと折れ曲がり
今にも屋根が落ちそうな状態に!

屋根の雪を降ろしてベスパを確認したところ
折れ曲がって下がってきたパイプが右のミラーにヒット。
幸いな事にねじ込みで固定されてるミラーが緩む方向に力が掛かったようで
キズも無いしミラーが緩んでくるくる回るだけで済んだ。

もし発見が遅れて屋根が更に落ちてきてハンドルにまでヒットしてたら多分転倒してたよね…
んで、ベスパが転倒する先には家のクルマが停まってるんだよね…
マジで危機一髪。危うく大惨事になってた。
雪は本当に怖いね…

ホームセンターで買える日用品を組み合わせた簡易的なガレージだけど…
ってかただの雨避けなんだけど去年の台風でも問題なかった。
雨が流れるように屋根には傾斜を付けてあるけど
雪が流れ落ちるには足りなかった。

一先ず元通りに修復したけど、今シーズン中にまた雪が降らんとも限らん。
ちゃんとしたバイク用ガレージを買うか…補強して自作を貫くか…
Piaggio Vespa LX125 3V



■My Photo Galleryflickr

車・バイク  写真・カメラ
[PR]
by foxmoto | 2014-02-16 20:00 | ●日記

明けましておめでとうございます(遅過ぎ)。

前回の更新から二ヶ月近くも空いてしまった…やっぱバイク関係は冬場ネタがない。
ちょこちょこ乗ってはいるけど寒いので近所ばかり。どこか遠くへ行こうって気にならない。
風をモロに食らうアメリカンやネイキッドと比べたらスクーターは断然寒さに強いハズなんだけどね。

純正オプションのウィンドスクリーンは小振りながら上半身へ風が当たるのをしっかり防いでくれるし
フロントカウルも下半身への風を防いでくれる。メットもシールド付きなので
走ってて寒くなってくるのは“手”ぐらいなんだけどね。

今はユニクロのヒートテック手袋とウィンドストッパー素材の防風手袋を重ねて使ってるけどちょっと厳しい。
ベスパにナックルカバーみたいのを装着して手に直接風が当たらないようにするか
バイク用やスキー用みたいなもっとゴツイグローブに替えるか…
早く暖かくなって欲しい!でも花粉は勘弁な!

改めまして、今年もよろしくお願いいたします。
20140126_01_Piaggio Vespa LX125 3V



■My Photo Galleryflickr

車・バイク  写真・カメラ
[PR]
by foxmoto | 2014-01-26 20:00 | ●インプレッション

ベスパ純正LX&PX用トップボックスと取付け用ステーを装着。

9月30日までに購入・登録すると5万円分の純正アクセサリーがプレゼントされる(10月末まで延長されました。)
【LXシリーズ サマーバリューアップキャンペーン】でチョイスしたものの到着が遅れてた
・32L トップボックス code:67394900BR
・トップボックス 取付け用ステー code:657083
の二点が到着したと連絡があったのでバイク屋へ行って装着。

Before
“Before” #Piaggio #Vespa LX125 3V

After
“After” #Piaggio #Vespa LX125 3V

“Vespa”のエンブレムが輝いてるねぇ。
やっぱボディ同色に塗装されてると見た目が良い。
ただ、こう、なんつーか、白だとアレだね。警察っぽいw
#Piaggio #Vespa LX125 3VにTop Boxを装着!
このテールランプ風な赤いトコがただのクリアパーツなのが惜しい。
ボックスがテールランプを覆っちゃうので後続車が目線の高いトラックとかだと
ブレーキランプを見逃されそうでちょっと怖い。ただでさえバイクは見落とされる事が多いしね。

ココにLEDを仕込んでブレーキ連動で光らせるキットはあるみたいだけど
ボックスは必要な時だけ付ける事にしたので毎回ハーネス繋いだりは少しメンドイ。
とりあえず赤いクリアパーツの中に反射シールでも貼って視認性を上げるぐらいはしとこうかな。

トップボックス用のキーはベスパのメインキー(青いヤツ)に似たデザインの別体品(黒いヤツ)。
メインキーでロック/アンロック出来たらスマートで良かったんだけどねぇ。
まぁ別体品ならエンジンを切らずにボックスを開閉出来る…けど
無くしそうで怖いからって一緒にしちゃうワケで。
やっぱメインキーで開閉出来る方が良い。
そういうキットあるのかな?
#Vespa LX用Top Boxのキーはメインキーと似たデザインの別体品。
細かい事だけどメットインスペースとトップボックスとでロック/アンロックの回転方向が逆なのが気になる。
メットインスペースは左に回してアンロック。ネジを緩めるのと同じ方向だから直感的で納得。
トップボックスは右に回してアンロックなんだよね。どうしてこうなった?

トップボックスの容量は32Lと小さめだけどスリムなボディのLX/S系には良く似合う。
小さいと言ってもLX125 3Vのメットインスペースの1.5倍ぐらいはある印象。
俺の使ってるヘルメット(Caberg Riviera V2+)も勿論余裕で入るし
よりスクエアな形状なので四隅に小物や衣類を詰め込める。
ツーリングとか行く時には大活躍してくれそうだ。
#Piaggio #Vespa LX125 3V + Top Box & #Caberg #Riviera V2+ Italia

一枚目と二枚目を見れば分かる通りトップボックス取付け用ステーは
標準で装着されているタンデムグリップを取り外して交換する。
尻下がりなシルエットがベスパの好きな点の一つなので
後ろ斜め上に伸びるラインはあんま好きじゃない。

でも標準のタンデムグリップには無かった“Vespa”ロゴが一個増えたので良しとするかw
作業自体は簡単だけどボックスを使う度にステーを交換するなんてメンドイしね。
交換したトップボックス取付け用ステーにも #Vespa ロゴ。
何はともあれコレでやーっと購入したモノが全て揃った。
走行距離は700km。慣らし完了まであと300km。
購入一ヶ月/1000km点検も近付いてきた。



■My Photo Galleryflickr

車・バイク  写真・カメラ
[PR]
by foxmoto | 2013-10-12 20:00 | ●インプレッション

Piaggio Vespa LX/S 125/150 ie 3Vのメットインスペースに入るヘルメット。

ベスパ
LX125 ie、LX150 ie、LX125 3V、LX150 3V
S125 ie、S150 ie、S125 3V、S150 3V
のメットインスペースについての話。

以上のモデルについて検索してバイクショップのサイトとかに行くと大抵
“フルフェイスへルメットも入る”とか“ジェットヘルメットが入る”とか書かれてるけど信じちゃダメ。
実際は国内ブランドのM、海外ブランドのLぐらいのサイズのヘルメットはまず入らないです。
多分ieや3Vと付かないキャブレター仕様の初期モデルと一緒くたになってるんだと思う。
インジェクション仕様になったie以降モデルでは形状が違います。新しい方が狭い。

以前購入候補になったヘルメットを幾つか書いたけど、全部入らなかった。
SHOEI J-Cruise(Mサイズ)
→前後×左右は入るけど上下が足らずシートを閉められない。

MOMODESIGN FIGHTER & AVIO(Lサイズ)
→前後×上下は入るけど左右はバイザー(シールド)の軸が引っかかって入らず。
※メインバイザー(シールド)レスのMINIMOMOは入る。

MOMODESIGN MANGUSTA(Lサイズ)
→前後入るけど左右はFIGHTER & AVIOと同じ状況。上下も足りない。

NOLAN N43E Trilogy(Lサイズ)
→前後×左右×上下共に寸法が足らず入らない。

という散々たる結果。
欲しいヘルメットの条件は“インナーバイザー搭載のジェット(ハーフジェット)”だったけど
このタイプでベスパLX/Sのメットインスペースに入るヘルメットは無いとこの時点で諦めた。
『残念だけどオプション5万円プレゼントキャンペーンでトップボックスを注文すれば良いか〜』
と、思ってデザイン重視でCaberg Riviera V2+(Lサイズ)を購入したんだけど…
#Caberg #Riviera V2+のLが丁度すっぽり入る。 #Piaggio #Vespa LX125 3V
Caberg Riviera v2+(Lサイズ)、入ったわw
ユルくもなくキツくもなくちょ〜どスッポリと入る。

インナーバイザーも便利だしCaberg Riviera V2+オススメです。
インナーバイザー超便利。#Caberg #Riviera V2+ & #Piaggio #Vespa LX125 3V
さ〜て問題は注文済みのトップボックスと取付け用ステーをどうするかだ…



■My Photo Galleryflickr

車・バイク  写真・カメラ
[PR]
by foxmoto | 2013-09-28 20:00 | ●インプレッション

Caberg Riviera V2+ Italiaのファーストインプレッション。

初バイク用の初ヘルメット、Caberg Riviera V2+ Italia
まだバイクが納車されてないので実際に使ってみての感想は書けないけど
数多あるヘルメットの中からなぜこのモデルを選んだのか、被ってみての印象を書いてみる。

まずヘルメットの形状。
耳出しの半ヘルは安全性低いのが明らかなので却下。
逆にフルフェイスは安全性が高いのは分かるけど水飲んだり出来ないのでこれまた却下。
スモールジェット(ハーフジェット)~ジェット形状のヘルメットが良さそうだ。

次にバイザー(シールド)の有無。
路上で遭遇するあらゆる飛散物から目や顔を守るためにもバイザーは必要。
でもメガネ男(男子という歳でもない)なのでゴーグルを付け外しするクラシックなスタイルはNG。
最近流行りのサングラス代わりのインナーバイザーが内蔵されたモデルが良さそうだ。

んで、この条件にマッチした候補と被ってみた印象は…
SHOEI J-Cruise
 〇→・さすが国産。日本人の頭の形状にフィット。頬回りから首までスッポリ包まれて安心感が高い。
 ×→・メインバイザーもインナーバイザーも操作部が左側にあって右手では操作出来ない。
    ・デザインが野暮ったい(ベスパに合わない)。

MOMODESIGN FIGHTER & AVIO
 〇→・さすが数々の模倣品を生み出したモデル。デザインがカッコイイ(ベスパに合う)。
    ・首辺りは若干浅い印象だけど日本人の頭にもフィットする。
 ×→・メインバイザー下端の縁取りが視界に入ってきて若干気になる。
    ・インナーバイザーを直接触って出し入れするのでメインバイザーを上げた状態でないと操作出来ない。
    ・真ん丸のシェル形状が影響してインナーバイザーが近い。メガネに当たって使えない。

MOMODESIGN MANGUSTA
 〇→・被り心地はFIGHTER & AVIOに似て良好。頬回りや首の包まれ感はコチラの方が上。
    ・FIGHTER & AVIOと違ってメインバイザーが大きく縁取りも無いので視界がスッキリ。
    ・シェル形状がFIGHTER & AVIOとは違うのでインナーバイザーがメガネと干渉しない。
 ×→・FIGHTER & AVIOと同じくメインバイザーを上げた状態でないとインナーバイザーを操作出来ない。
    ・後ろから見ると頭にブーメランパンツを被ってるように見えるような見えないような…

NOLAN N43E Trilogy
 〇→・チンガードが着脱可能でジェットタイプにもフルフェイスタイプにもなる。
 ×→・シェル形状が頭に合わない。横幅で合わせると前後がスカスカ。上下も浅くて点でしか接しない感じ。
    ・メカメカしくて個人的には好きなデザインだけどベスパには合わない。

という感じでどれも一長一短あって決め兼ねてたので思い切って海外モデルも候補に入れてみた。
実際に被ってフィット感をチェック出来ないリスクはあったけど色々被り比べてみて
シェル形状で大体の被り心地は予想出来るようになってきたし。

そして新しく候補に挙がったのがCaberg Riviera V2+ Italia。
これでもかって全面イタリア押しなデザインはちょい恥ずかしい気もしたけど
クルマからはバイクは見落とされがちな存在なので多少ハデな方が安全だろうと判断。

箱は前回載せたので中身から。
不織布のソフトケースに入ってました。キズ防止に役立ちそう。
Caberg Riviera v2+ Italiaは不織布袋に入ってた。

そして本体とご対面!
うわー!イタリアだよー!超イタリアだよー!イタリアンバイクじゃないと被れないデザインだよー!
被り心地も良い感じ。他のイタリアンブランドのヘルメットと同じく若干上下に浅いけど
しっかり面で接してて場所によってキツかったりユルかったりはしないし
インナーバイザーがメガネに干渉したりもしない。良い感じ。

ただインナーバイザーを内蔵したモデルはどれもそうだけどシェル形状が大きいね。
左右がもう少しスリムだったらもっとカッコ良かったろうにな~とか思うけど
安全性にも関わってくる部分だしコレばっかりは仕方がないね。
Caberg Riviera v2+ Italiaイタリアだよ。超イタリアだよ。

因みにサイズはL。
他の候補はSHOEI J-CruiseはM
MOMODESIGN FIGHTER & AVIO & MANGUSTAはL
NOLAN N43E TrilogyはLがピッタリだった。
やっぱり海外モデルはワンサイズ上を選ぶのが良いみたい。

実際に使ってみての感想はバイク納車後にまた書く予定。
Caberg Riviera v2+ Italia



■My Photo Galleryflickr

車・バイク  写真・カメラ
[PR]
by foxmoto | 2013-09-10 20:11 | ●インプレッション

バイクより先にヘルメット(Caberg Riviera V2+ Italia)が届いたよ。

実はバイク本体よりも先に注文してたヘルメットが本日無事到着。
選んだのはCaberg Riviera V2+ Italiaってモデルで
EuroNedDirectってお店で海外通販してみた。
日本語化されてるので注文も超簡単。

EuroNedDirectの事務所はオーストリアにあって
注文後にメーカー取り寄せして、事務所到着までが2~3週間。
そこから日本へ発送されて到着するまで更に6~10日
って予定だったけど
結局注文から11日間で届いちゃった。

昨年末に三脚や雲台とかのカメラ用品をアメリカのB&Hで注文した時も
たったの41時間で届いたし
、世の中便利になったもんだ。

箱の潰れも無くちゃんと届いて一安心。ファーストコンタクトは…次回(書きました)
Caberg Riviera v2+ Italia届いた!



■My Photo Galleryflickr

車・バイク  写真・カメラ
[PR]
by foxmoto | 2013-09-08 20:00 | ●購入記録