タグ:その他のベスパ ( 2 ) タグの人気記事

Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

うわ~お、七ヶ月ぶりの更新だw
2016/04/23に新木場の倉庫街で開催された
Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”
を、ちょっとだけ覗いてきたので写真でご紹介。

場所は新木場の倉庫街の一角。357と東京ゲートブリッジまでの間。
ベスパの幟が立ってなかったら気付かずにスルーしちゃうような場所でしたw
20160425_01_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

こういうファンミーティング的なイベントに参加するのは初めてでちょっとドキドキしてたけど
イベント終了間際に行ったせいか思ったほど賑わっては無かった。
それでもコレだけの数のベスパが並ぶと壮観。
20160425_02_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

ケータリングもイタ飯系。10年前に発表されたベスパ60周年記念モデルのGT60。
20160425_03_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

サイドカー付きのPXもオシャレ。
20160425_04_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

コチラは現行モデルのSprint 150。角目はスポーティでカッコイイね。
20160425_05_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

ベスパの歴代モデルも展示。入ってないけど手前に探偵物語で使われたP150Xも展示されてた。
20160425_06_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

PX 150/125もこう見えて現役モデル。
20160425_07_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

3台のベスパでイタリア国旗のトリコローレを表現。
20160425_08_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

会場内は日本人と外人(イタリア人かは不明)が半々ぐらいだった。
20160425_09_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

70回目の誕生日を祝うケーキをカットしてる水色のポロシャツのスキンヘッドの人が
ピアッジオグループジャパン社長のフランチェスコ・ファビアーニさん
20160425_10_Vespa 70th Birthday Celebration Meeting “Fabbrica 1946”

ケーキをもらう長蛇の列。
最初の人は大きかったのに、後ろにいくほどドンドン小さくなっていく辺り、実にイタリアンだw
Vespa 70th Birthday Celebration Meeting – Fabbrica 1946 -

第二次世界大戦中、鉄道車両や船舶、航空機などを生産してたピアッジオが
その技術と経験、生産設備を活かして大衆向けスクーターを戦後に開発したのがベスパの始まり。
80周年も90周年も100周年も戦争の無い世界で祝える事を切に願うばかり。
Vespa 70th Birthday Celebration Meeting – Fabbrica 1946 -



■My Photo Galleryflickr

車・バイク  写真・カメラ
[PR]
by foxmoto | 2016-04-25 20:00 | ●日記

Vespaの六ヶ月点検のついでにPrimaveraやSprintについて聞いてみた。

Myベスパ、LX125 3Vの六ヶ月点検のついでに
正規ディーラーの人に新型PrimaveraSprintについて聞いてみた。

まずは個人的に気になってたベトナム生産になった事について。
何故にベトナムから輸入?もしかして日本のバイクメーカーと同じで
エントリーモデルのPrimaveraやSprintはイタリア本国の生産は止めて
全部ベトナム生産になっちゃったとか?と、思ってたんだけど…

実際はちゃんとイタリア本国でも生産されてるそうです。
でも今年からは正規インポーターのピアッジオグループジャパン
イタリア生産の欧州仕様ではなく、ベトナム生産のアジア仕様を輸入する事に。
理由も聞いたけどまぁ…ごにょごにょ…うん…まぁ…為替やら情勢不安やら…色々あるよね。

個人的には完全にベトナム生産に切り替わったんなら諦めるけど
イタリア生産のとベトナム生産のがあるならやっぱりイタリア生産の欧州仕様が欲しい。
馬力が結構違うのも大きい。欧州仕様は多分LX125 3Vと同じ11.6HP。対してアジア仕様は9.6HP

今までは正規ディーラーがイタリア生産モデルを輸入して
その他はベトナム生産モデルを安く並行輸入って図式だった。
今後はイタリア生産モデルを並行輸入するショップが現れたりして…

続いてPrimaveraの兄弟モデル、Sprintについて。
丸目のLXの後継がPrimaveraなら角目のSの後継はSprint。
以前はLXとS、それぞれで50cc、125cc、150ccが輸入されてたけど
今回はかなり整理されてPrimaveraは125ccのみ、Sprintは150ccのみとの事。
んで、Primavera125の輸入開始は4月末、Sprint150の輸入開始は6月予定との事でした。
その他はGTS150というモデルも夏に輸入するらしい。あとGTS250も仕様変更があるそうだ。色々楽しみ。

※訂正&追記
欧州仕様のPrimavera125の馬力は11.6HPじゃなく10.7HPとの事です。
LX125 3Vから馬力が下がった分50km/h時の燃費はLX125 3V→55km/L、Primavera125→64km/Lと向上。
対して150ccはLX150 3Vと同じく12.9HPのままなので150cc→パワー重視、125cc→エコ重視
とセッティングの方向性を変えてきた模様。6月に投入されるアジア仕様のSprint150が何馬力になるかは不明。
Piaggio Vespa Primavera Catalog



■My Photo Galleryflickr

車・バイク  写真・カメラ
[PR]
by foxmoto | 2014-04-08 20:00 | ●日記